青汁

青汁

青汁はダイエットや便秘にも効果があり,上手に使いたい健康食品です.

ホットな通販 > 青汁

青汁 効能

青汁というと『うーん,まずい!』というテレビCMを覚えている方も多いでしょう(「悪役商会」の八名信夫さんでしたね).それでも「健康を保つために」「健康になるために」味には目をつぶって飲むもの,という逆キャンペーンのような宣伝でしたが,印象は強かったと思います.まさに『良薬は口に苦し』の健康食品版といったイメージが,あのCMで出来上がりました.

野菜の摂取が不足すると栄養のバランスが悪くなりますが,これを飲むだけで簡単に補うために,野菜ジュースやにんじんジュースなどが利用されています.ただ,ジュースにしても実際に野菜をメニューに取り入れるにしても,不足する栄養素をすべて摂るのは難しく,かなり工夫が必要です.そこで注目されたのが青汁の主成分であるケールです.ケールにはビタミンC・E・B群や,βカロテン,食物繊維,カルシウムやカリウムといった栄養素が豊富に含まれていて,老化や生活習慣病の予防にも優れていることが知られています.

青汁の味や特有の香りに抵抗がある,という方にはタブレット(粒)状や粉末状でも作られています.「どうしても味が好きになれない」とか,「飲んだ後で口に残った感じがする」,さらに「粉末を飲むのが苦手」といった方にも比較的飲みやすいのはタブレットでしょう.

ただ最近はついに「おいしい青汁」というようなキャッチフレーズで,実際に飲みやすい点をアピールした製品が増えています.ほとんどの健康食品は,続けて摂ることが大切です.健康に良いとはわかっていても味がネックになっていましたが,「続けやすい」ものが出てきたことで,人気が一気に爆発した印象がありますね.

青汁 飲みすぎ

先ほど「継続して」飲むことが大切だと言いましたが,これは「たくさん」飲むことではありません.何事も『過ぎたるは及ばざるが如し』と言います.せっかく体にいいものですから,上手に使って健康・美容に役立てましょう.幸い,薬と違って一定量以上飲むと有害ということはありませんが,食物繊維が豊富に含まれているので,飲み過ぎると下痢を起こす可能性はあります.そんな場合は量を減らしたり,空腹時や寝る前に飲むのは避けたりという風に,飲み方を工夫すればいいのです.

また,原料にカリウムが多く含まれていることから,摂り過ぎると心臓に負担がかかり,不整脈や心不全の原因になると言う人もいます.あくまで過剰に摂取した場合の注意ですので,少なくともこれまで青汁でこうしたトラブルは発生していません.製品に書かれている「用量・用法」に従って続けていれば,体に良いことはもちろん,便秘やニキビへにも効果が期待できますから,焦らず適量を続けるようにしましょう.

安心!キレイ!どっさり!あしたば青汁のヒミツ!

青汁 トップへ戻る